2019夏ドラマ

ボイス日本ドラマのキャスト紹介!唐沢寿明と真木よう子の役柄と1話のあらすじも

ボイス日本ドラマのキャスト紹介!唐沢寿明と真木よう子の役柄と1話のあらすじも

日本テレビ系列で放送開始されるドラマ「ボイス110緊急指令室」は、唐沢寿明さんと真木よう子さんによるタイムリミットサスペンス!

3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙のクライシスタイムにハラハラドキドキの展開です。

今回は、ドラマ「ボイス110緊急指令室」に出演されるキャスト、唐沢寿明さんと真木よう子さんの役柄や1話のあらすじなどについてご紹介していきたいと思います。

ボイス日本ドラマのキャスト紹介!

ドラマ「ボイス110緊急指令室」に出演されるキャストさん達についてご紹介していきたいと思います。

  • 樋口彰吾(役)/唐沢寿明
  • 橘ひかり(役)/真木よう子
  • 石川透(役)/増田貴久
  • 沖原隆志(役)/木村祐一
  • 森下栞(役)/石橋菜津美
  • 緒方拓海(役)/田村健太郎
  • 落合智明(役)/安井順平
  • 田所賢一(役)/小市慢太郎
  • 森下志津(役)/YOU
  • 樋口未希(役)/菊池桃子
  • 森下葵(役)/矢作穂香
  • 樋口大樹(役)/鳥越壮真








唐沢寿明と真木よう子の役柄は

ドラマ「ボイス110緊急指令室」に出演されている、唐沢寿明と真木よう子さんの役柄についてご紹介します。

樋口彰吾(役)/唐沢寿明

この投稿をInstagramで見る

 

隊長さん(@nekotaicho214)がシェアした投稿

港東署ECU緊急出動班の班長。かつては、凄腕の敏腕刑事だったが、3年前に正体不明の暴漢のよって妻を撲殺されたことにより、一番愛する人を守れなかった悲しみは心に重い十字架となって残ってしまった。

そんな時、緊急指令室の中に新たにECUが発足し、樋口が召集されることになるがその室長はかつて3年前、妻が亡くなった事件で、通報受けた橘ひかりだと知り、チームに入ることを頑なに拒む。

橘ひかり(役)/真木よう子

この投稿をInstagramで見る

 

kensan488さん(@kensan4885418)がシェアした投稿

港東署ECUの室長でボイスプロファイラー。幼少期に目をケガしてしまったが、同時に微かな音も聞くことができる絶対聴感能力が備わることになる。

ひかりが受けた電話で通報してきた女性(樋口の妻)が電話口の向こうで正体不明の暴漢に撲殺され、さらに現場付近を巡回していた警察官の父も同じ犯人に撲殺されてしまう。
ひかりは、失意と悔しさの中、ボイスプロファイラーの専門家となり、独自の操作チームECUを新設した。

まず、主人公たちにはそれぞれ暗い過去があり、数々の事件を通して樋口とひかりの2人の関係がどのように変わっていくのかが、今回のドラマの見所の一つなのではないでしょうか。

2人の因縁と思われる正体不明の殺人鬼は本当に相良なのか‥‥!?相良ではないとすると本当の殺人鬼の正体とは!?

毎回訪れるクライシスタイムにハラハラドキドキしそうですね。








1話のネタバレあらすじも

ドラマ「ボイス110緊急指令室」1話のあらすじをご紹介します。

1話のあらすじ

3年前、横浜。
検挙率トップを誇る港東署強行班一係の係長・「ハマの狂犬」の異名を持つ樋口彰吾(唐沢寿明)はその日、犯罪グループの張り込み中、妻・未希(菊池桃子)からの着信に気づくも、業務を優先してしまう。その着信が妻からのSOSだと知らずに‥‥。
その頃、再開発地区では、謎の殺人鬼に追われ恐怖の中で息を潜める未希が、110番に助けを求めていた。
港東署の緊急指令室で未希のSOSに応じた警部補・橘ひかり(真木よう子)は、その声に緊急性を感じるが、一度切れた通話にコールバックしたことで、殺人鬼に居場所を知らせ、電話越しに未希が惨殺される一部始終の音を聞いてしまう。
後輩の石川透(増田貴久)から事件の連絡を受けた樋口は、同期の強行班二係・沖原隆志(木村祐一)の制止を振り切り、惨殺された妻の姿を目の当たりにして言葉を失う。
1か月後、法廷には未希殺害の被疑者・相良・(平原テツ)の姿。事件当日は泥酔状態で何も覚えていないという相良に対し、検察側の証人として、証言台に立ったひかりが、相良の声が電話で聞いた犯人の声ではないと証言する。通話記録を調べればわかると話すひかりだが、提出された証拠には、犯人の声は記録されておらず‥‥。相良の犯行を確信する樋口は、ひかりの証言逆上し、法廷は混乱に包まれる。
3年後。
交番勤務に配置替えになった樋口は、かつての同僚たちからも煙たがれるほど落ちぶれていた。一方、科捜研で難事件を解決し実績を積んだひかりは、自ら希望を出し、港東署の緊急指令室長に就任。被害者を迅速に救出するためのチームECU(Emergency Call Unit)の設置を警察幹部たちに提案する。ひかりは樋口を新しいチームの現場リーダーにするつもりだと話すが‥‥。
そんな中、緊急指令室に若い女性・萩原夏美(吉川愛)から通報が入る!事態が一刻を争うことを察知したひかりは自ら指揮を執り、樋口に指示を出すが‥‥!?
通報者の身に危険が迫る緊迫のカウントダウンはすでに始まっていた!!

引用:日本テレビ「ボイス110緊急指令室」公式HP

2人の因縁となる殺人鬼は本当に相良なのか!?橘ひかりの証言は正しかったのか‥‥。とても気になる展開ですね。何故、犯人の声は記録されいなかったのかも気になります。

ひかりの証言が正しかったとしたら、記録を消した人がいるということになりますし、そうなれば警察の中に裏切り者がいる‥‥ということになりますよね。

ドラマがどのような展開になっていくのか、とても楽しみです。








まとめ

いかがでしたか?
ドラマ「ボイス110緊急指令室」に出演されるキャストさんたちや唐沢寿明さん、真木よう子さんが演じる役柄、1話のあらすじなどについてご紹介していきました。

唐沢さん演じる敏腕刑事と真木さん演じる声紋分析のスペシャリストのタイムリミットサスペンスに毎回目が離せなくなること間違いなしです。

放送開始は7月13日(土)22時からです!お見逃しなく!!